• みやぎ奨学金問題ネットワーク

【7団体共催】6月30日(日)13時~17時「貧困・労働総合相談ホットライン」開催のお知らせ




「貧困・労働総合相談ホットライン」を開催します!


昨今では「中年フリーター」という言葉が話題となっているように、生活を自立させなくてはならない中高年の労働者が非正規雇用労働者となっている現状が広がっています。そして、このような状態に陥った人々は、「ワーキングプア」状態に置かれています。非正規雇用労働者が全労働者のうち37.3%を占めていますが、このような人々は、働いていながら低収入な状態に置かれているのです。

背景には、賃金が適切に支払われていない違法行為の蔓延や、そもそも低い時給であることなど、労働問題が大きく影響しています。また、奨学金をはじめとした借金の返済もしなければならない人達も大勢いて、そもそも少ない収入から借金返済を引くと、手元に残るのはわずかになってしまいます。これでは、生活が困難です。

しかし、このような状況は改善することは可能です。違法行為が蔓延する職場環境の改善や賃上げを求める労使交渉、借金の猶予や減額、食糧支援や生活保護につながるなど、様々な手法があります。その手法をお伝えし、その実現まで支援すべく、私たち7団体は協力して、相談ホットラインを開催いたします。生活のことでお困りの方は、なんでも結構ですので、お気軽にご相談ください。



貧困・労働総合相談ホットライン


日時:2019年6月30日(日)13時~17時

相談用電話番号:022-711-6225

相談受付内容:奨学金、借金、労働、貧困など、貧困・労働問題全般

※相談無料

場所:みやぎ青葉の会 事務所(青葉区一番町1丁目17-20-502)

主催:みやぎ奨学金問題ネットワーク

参加団体:みやぎ奨学金問題ネットワーク、みやぎ青葉の会、ブラック企業対策仙台弁護団、仙台けやきユニオン、みやぎ青年ユニオン、反貧困みやぎネットワーク、東北生活保護利用支援ネットワーク



「大人食堂」も同日開催!

「相談」まではいかないけど、職場の悩みや不安を話したい、という人は、「大人食堂」という企画もあります。ぜひこちらへご参加ください。

6月30日の「大人食堂」についてはこちら

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

河北新報の記事にみやぎ奨学金問題ネットワークのコメントが取り上げられました。

皆様,みやぎ奨学金問題ネットワークです。 5月28日の河北新報に当ネットワークのコメントが紹介されました。 私達が昨年3月に行った学生アンケート調査で既存の給付型奨学金制度が利用しにくいという声が多く寄せられたことや,コロナ禍の厳しい経済状況の中,若者の地元定着を図るためには仙台市独自の給付型奨学金制度が必要だという事務局長のコメントが載せられています。 多数の学生の皆様に協力して頂いたアンケート

「奨学金の返済だけでなく、その他の借金問題や労働問題などもお気軽にご相談ください」

こんにちは。みやぎ奨学金問題ネットワークです。 私たちは、生活が苦しく,奨学金の返済に困っている方の相談を無料で受け付けています。 奨学金の相談窓口というと,奨学金以外の相談には対応していないと思われるかもしれませんが,そんなことはありません。 相談担当者は全員弁護士ですので,奨学金以外の法律相談にも対応することが可能です。 1 どんな相談ができるの? 例えば,生活が経済的に苦しい方は,奨学金の他

「新型コロナの学生生活への影響調査」分析結果

私達、みやぎ奨学金問題ネットワークは、昨年9月に「新型コロナの学生生活への影響調査」を実施し、令和3年1月6日時点で、宮城県内の大学に在籍する学生らを中心とする合計111名から回答を頂きました。分析した結果を抜粋して報告いたします。 なお、調査結果を踏まえて、当ネットワークは令和2年12月23日、文部科学省に対して「新型コロナウイルス感染症に伴う影響で生活が困窮している学生等に対して更なる支援を求